1. HOME
  2. ブログ
  3. 2019年の土用の丑の日はいつ?夏にうなぎを食べる理由と香川県の関係とは?

2019年の土用の丑の日はいつ?夏にうなぎを食べる理由と香川県の関係とは?

2019年の夏の土用の丑の日は、7月27日土曜日(乙丑)

ところで、土用の丑の日ってどうやって決まるかご存知ですか?
実は年に何回もあるので、正確にはうなぎを食べるのは「夏の」土用の丑の日なんです。
もちろん、うなぎを食べるのは夏の土用の丑の日と相場が決まっているので、わざわざ「夏の」とつける人は少ないかもしれません。

さらに、土用の丑の日に食べるうなぎの蒲焼きには「関西風」と「関東風」があったり、うなぎを食べるきっかけにちょっぴり香川県が関係していたり、意外と知ってみると面白いことがたくさんあるんです。

土用の丑の日についてご紹介


日本の風習として定着している「夏の土用の丑の日に鰻を食べる」という文化。
何気なくみなさんがやっているから自分も乗っかってみたという方も少なくないのではないでしょうか。

土用の丑の日を土曜日は焼き肉を食べる日と勘違いしていたという人もいるとかいないとか・・・。
そんな勘違いをしてしまわないために、土用の丑の日とうなぎに関連する情報を集めてみましたので興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

土用の丑の日は年に何回もある?

土用の丑の日にうなぎを食べると健康に夏を乗り切れる。
というのは、かなり日本でも定着した習慣となっていますよね。
高松でも、スーパーでうなぎを販売したり、普段はあまり食べないうなぎが食卓に並んだりということがあるのではないでしょうか。

ところで、土用の丑の日って実は夏だけじゃないって知っていましたか?
春にも夏にも秋にも冬にも、土用の丑の日はあるんです。
だから、鰻を食べるのは「夏の土用の丑の日」ということなんです。

「土用」と「丑の日」はそれぞれ別の意味がある

土用の丑の日は「土用」と「丑の日」に分解され、それぞれに違った意味を持っています。
土用というのは春、夏、秋、冬の間の時期のことを言い、年に4回もあるんです。
正確には、「立春」「立夏」「立秋」「立冬」の前の約18日間となっていて、日本の六輝や二十四節季などが書かれたカレンダーを見ると「土用」という言葉を目にする機会もあるのではないかと思います。

一般的に土用と言われると立秋前の18日~19日間を指していて、夏土用という言葉の代わりに「暑中」という呼ばれ方もされます。
これなら知っていますよね。そう、暑中見舞いを出す時期です。

「丑の日」の丑は十二支の丑と同じ

子丑寅卯辰巳という12の動物がいますよね。
十二支と呼ばれ、
「今年は何どし?」
「あなたは何どし?」
と言われるあの十二支です。

実はこの十二支、今でこそ年に合わせた十二支にしか登場しませんが、昔は多くの区切りあるものに登場していました。
例えば時間。丑の刻参りなんて言われたりしますが、これは子が1、丑が2を指し、それぞれ2時間ずつに分けて24時間を12で割っていました。
子の刻は午前0時を中心にした前後2時間のことを指すので、丑の刻は午前2時を中心とした前後2時間ということになります。
つまり、1時から3時まで。

そして、それぞれの刻は30分区切りで4つに分けられていました。
だから、草木も眠る丑三つ時というのは、丑の刻を4つに分けた中の3つめのということになるので、2時から2時半のことを指します。

日にちを数える干支は12じゃない?

日にちを数える干支は六十干支(ろくじっかんし)と呼ばれ、十干(じっかん)(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸)と十二支(じゅうにし)(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)の組み合わせとなっています。
十干と十二支はそれぞれ順番に用いられるので、甲子が①、乙丑が②、丙寅が③となります。
十干と、十二支がそれぞれ偶数でひとつずつ動いているため発生しない組み合わせもあり、ひとまわりして「甲子」に戻ってくる組み合わせは60回となります。
ただし、最近では暦でも十干が省かれていることも多くあり、干支だけでなく干支も合わせて調べようと思ったらカレンダーを見てもわからないこともすくなくありません。

ちなみに、実は、年の干支にも十干が存在しています。
①の甲子を見てなんとなく野球場を思い浮かべた方もいらっしゃいますよね。
十干と十二支の1が重なる縁起の良い年1924年に完成したので甲子園球場と名付けられたそうですよ。

土用の丑の日が2回あることもある

丑の日で説明した通り、十二支の12日に対して土用は18日程度あるので、年によっては丑の日が2回ある年もあります。
この場合、一の丑、二の丑と呼ばれ、どちらも土用の丑の日となります。

夏の土用の期間中、丑の日が2回ある場合、どちらでうなぎを食べるのかというと、実は特に決まっていないようです。
どちらかで食べても、両方食べてもOK。特に決まりはありません。
ただ、直近の2018年を例に挙げると「この日」と決まっていた方がお店も打ち出しやすいようです。

恵方巻きを食べる節分やバレンタイン、クリスマスやハロウィンなど、「これ」という日が何回も来たらどっちでお祝いしようってなりますよね?
それが現実に起こってしまうのも土用の丑の日のおもしろいポイントと言えるかもしれません。

土用の丑の日にうなぎを食べる理由

なぜ夏の土用の丑の日にうなぎを食べるのかというと、もともとは「厳しい夏を乗り切るための知恵」として江戸時代に生まれた日本の習慣だったようです。
諸説ありますが、最も多く言い伝えとして残っているのは「う」のつくものを食べると夏バテしないという言い伝えです。
思い浮かべてみても、うなぎ以外に、うめぼし、うど、うどん、ウインナー、うに、うりなど、けっこうあります。
さらに、うま(馬肉)、うし(牛肉)もOKのよう。
なんだ、それなら毎日食べてるよという方も高松にはたくさんいますよね。
うどんが入ってるんだから当然です。

では、なんでうなぎなのか。
まさか、バレンタインデーがチョコレート会社のPRだったように、土用の丑の日もうなぎ屋さんのPR作戦があったのか・・・と思ったりしますよね。

うなぎの仕掛け人は平賀源内

夏の土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのは、やはり「仕掛け人」の存在があったようです。
その仕掛け人とは、江戸時代にさまざまな分野で才能を発揮した奇才「平賀源内」。
高松藩出身の方ですから、香川県ではおなじみのですよね。
高松にいた頃からそうだったかどうかは分かりませんが、平賀源内は鰻をこよなく愛していたようです。

うなぎやさんを助けるための助言が今に至る

高松藩12万石に仕える足軽の三男として生まれた源内は、その後さまざまな分野で才能を発揮し、その名を知られる存在となっていきます。
コピーライターのような仕事をしていた彼は、こよなく愛していた鰻を自著に書きます。
それが「里のをだまき評」という本で、「土用の丑の日にうなぎを食べると滋養になる」との記述があるようです。

さらに、商売繁盛のアイデアを求めてきたうなぎ屋さんに対して「本日は土用の丑、鰻食うべし」という立て看板を置くように提案します。
すると、そのお店に多くのお客さんが訪れるようになったそうです。
これを見て周囲のお店もこぞって店先に看板を置くようになったそうで、土用の丑の日にうなぎを食べるという習わしは江戸から各県にどんどん広がっていったようです。

諸説あるので何が当たったのかはわかりませんが、

  • もともと俗説として「うのつくものを食べると夏負けしない」というものがあった
  • 源内が「土用の丑の日にうなぎを食べると良い」と記した
  • 「源内が言うなら間違いないのだろう」と思う人が多く、広まった

もともとこういった流れがあり、それに輪をかけたようにうなぎ屋さんの広告がどんどん広まっていけば噂が噂を呼び、人づてに伝わり、生活に定着していったとしても不思議ではありませんよね。

それにしても、Twitterはもちろんスマートフォンもないこの時代に凄まじい拡散力。
しかも、一過性のものではなく現代にも習慣として残るような日本の文化として定着させるとは、驚きです。
平賀源内がうなぎ好きではなくうどん好きだったら、土用の丑の日はうどんの日になっていたかもしれません。

うなぎと梅干しを一緒に食べてもOK?

うのつくものを並べて気づいた方は気づきましたよね。
そう、うなぎと梅干しがいる。ということです。

鰻と梅干しの食べ合わせはよくないというウワサ、1回ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?
別に両方食べなければ問題ないのですが、この際もしかすると「う」のつくものをたくさん食べてみようという試みをされる方もいらっしゃるかもしれないので調べてみました。
すると、意外な結論が。

実はうなぎと梅干しの食べ合わせは理想的な組み合わせ

栄養的にも医学的にも特に食べてどうなるというものはありません。
うなぎに含まれるビタミンB1と梅干しに多く含まれるクエン酸はどちらも疲労回復に効果があるので、土用の丑の日に食べる「う」のつくものとしては理想的。
さらに、梅干しの酸味が遺産の分泌を促すことで脂の多いうなぎの消化を助けてくれる効果もあり、胃もたれや消化不良を起きにくくしてくれるようです。
これならむしろ一緒に食べた方が良い、相性の良い食べ合わせと言っても良いでしょう。

ただ、まったくのデマというわけではなく、一応いくつか理由もあるようです。

食中毒の防止

作ったものをすぐに食べる場合は問題ないのですが、お弁当にして持ち歩いた時、夏の暑さで万が一うなぎが傷んでしまっても、梅干しの酸味で気づきにくくなってしまうようです。
そのため、食べたら危険だということに気づくためにも一緒に入れてはならないというのが理由のひとつです。

食べすぎや贅沢を防ぐため

もうひとつは、梅干しとうなぎが相性が良すぎるため、食がどんどん進んでしまい、食べ過ぎてしまうというもの。
昔からうなぎは高価な食材ですし、今も昔もやっぱり食べすぎはよくないですよね。
そのため、相性が良すぎるうなぎと梅干しを一緒に食べるのは避けましょう。
戒めの意味も含めて鰻と梅干は食べ合わせが悪い(良すぎる)と言っているようです。

土用の丑の日はうどんでもOK?

いろいろと土用の丑の日について説明してきましたが、「う」のつくものを日常的に食べていく香川県民であればやっぱりうどんでいっか。となるかもしれません。
うどんやそうめんは食欲が落ちてしまう夏にも美味しく食べられる食べ物。
そう、夏の救世主と言っても過言ではないのです。
ざるや冷やしは特に、ねぎやしょうがなどの薬味を乗せることが多いですが、こういった香辛料には食欲を増進させたり、胃腸の働きを助けたり、疲労を回復させてくれたりといった効果もあるみたいです。

土用の丑の日はやっぱりうなぎ

うどんに比べてうなぎはどうでしょう。
ビタミンが豊富で疲労回復の効果があります。
他にも、エネルギー源となる脂質も豊富。
さらに、さまざまな病気の予防効果があるドコサヘキサエン酸(DHA)や中性脂肪を減らし、血液の流れを円滑にしてくれると言われているエイコサペンタエン酸(EPA)も豊富。
鉄分や亜鉛、カルシウムなど、栄養素の中でもなかなか取りにくく、不足しやすいと言われているミネラルも含まれています。

さらにさらに、スタミナだけでなく美容の成分として有名な良質なコラーゲンも豊富に入っているんです。
だから女性にもおすすめ。

うなぎは夏を乗り切るための万能食材ではなく、夏を美しく乗り切るための超万能食材だったんです。
これだけ聞くとやっぱりうなぎ、1回は食べておかなければとなりますよね。

うなぎの蒲焼きには関西風と関東風がある

さまざまな料理に存在する関東風と関西風、実は鰻の蒲焼にもあるってご存知でしたか?
関西風のいわゆるうな丼は蒸さずに焼いたものをご飯の上にのせ、さらにその上からごはんをかぶせることでほど良く蒸されたうな丼になります。

対して関東風は白焼きにしていったん蒸らしたうなぎをタレ焼きにして提供するスタイル。
先に蒸らすことでうなぎが柔らかくなり、調理の時間も短縮できるので一石二鳥の調理法でもあります。
関東風が好きか、関西風が好きかというのは個人差があるかもしれませんが、高松では関西風の蒲焼きが主流のようです。

関連記事