挙式会場

挙式

出会い、結ばれ、縁となり、円となる。
新しい家族の誕生。
結婚には、たくさんの意味が込められています。
その始まりを祝福する儀式。
二蝶では、神前挙式の他に
二蝶のオリジナル挙式
栗林公園での挙式の3種類から
お選びいただくことが可能です。

愛を誓う

挙式とは、愛し合うふたりの絆を家族の縁とすること。硬い縁を誓い、盃を交わし、喜びの門出を迎える。そんな特別な1日にふさわしい特別な儀式をご用意しました。

料亭二蝶の和婚
挙式スタイル

二蝶挙式

日本古来の婚礼式の形を、二蝶がオリジナルで再現した挙式スタイル。
お蝶とめ蝶と呼ばれるお稚児が、三々九度の儀、誓いの言葉への署名、指輪の交換など結婚の儀を執り行っていきます。 執り行われる儀式ひとつひとつに意味が存在します。

神前式

厳かで美しい神前式。ふたりと家族の絆を結ぶ。
神前式は、両家の親族一同が顔を合わせ、神前にふたりが結ばれたことを報告し、感謝と共にこれからのご加護を祈るお式です。 家族の絆も実感することができるため、家族想いなおふたりにぴったりのお式です。

栗林公園挙式

崇高な誓いの舞台。日本古来の美しき結婚式。
ゆかしき時を今に伝える伝統の日本庭園をバックに、二蝶オリジナルの挙式で永遠の愛を誓い合います。
誓いの進行は「二蝶挙式」と同じスタイルですが、ゆったりと時が流れる美しい庭園風景に、
伝統的な和装のスタイルがひと際美しく映えます。

料亭二蝶の和婚
挙式の進行

二蝶挙式

誓いの盃を交わします

三品の肴を取り分けます

第一の肴:堅実の象徴であるするめ
第二の肴:子孫繁栄の象徴である昆布
第三の肴:ひとつの実からたくさんの実を授かる勝栗

お蝶とめ蝶のお神酒三三九度の盃を交わします

指輪の交換をし、夫婦の契りを交わします

雅楽の音色が響き渡り、和婚にふさわしい雰囲気を作り上げます

栗林公園挙式

修祓の儀
斎主に清めのお祓いを受けます。

祝詞僧正
斎主が神様にふたりの結婚を報告し、幸せが永遠に続くようお祈りをします。

誓盃の儀
大中小3つの盃でお神酒をいただき、三三九度の盃を交わします。

誓詞奏上
新郎新婦が誓いの言葉を読み上げます。

玉串奉奠
新郎新婦が神前に玉串を捧げ、続いて両家の代表が続きます。

指輪の交換
指輪を交換し、お披露目します。