料亭 二蝶

香川の和食を特別な料亭で

料亭二蝶のご案内

  • 女将からのご挨拶
  • 二蝶の歩み
  • 建物
  • 料亭の愉しみ方

ご挨拶

風光明媚な瀬戸内海に面した高松。

戦後間もなくこの地で産声を上げて二蝶は70年が過ぎました。

昭和21年に初代が旅館として創業いたしましたが、
その後先代が料亭として業態を変更し、現在は私達夫婦が3代目を継いでおります。

この讃岐には、瀬戸内海の新鮮な魚介類、
この土地でしか手に入れることのできない野菜や果物など四季を通して楽しむことができます。 豊富な自然の恵みに感謝し、素材を最大限に生かす料理をご提供させていただきます。

お客様に心からご満足いただけるよう和の心を大切におもてなしさせていただきたく従業員一同日々精進させていただいております。 大切な方へのご接待、また人生の節目となるお慶びやご法要、旅の思い出のお手伝いができれば幸いでございます。

今失われつつある日本の良き文化を二蝶で感じていただけるよう努めてまいりたいと存じます。
皆様のご来亭を心よりお待ち申し上げております。

二蝶の歴史


四国と本州を唯一宇高連絡船が結んでおりましたその昔、
ここ高松は戦前、二百余名の芸妓衆が活躍する
「さぬき芸どころ」と言われておりました。

その雅なる往時の芸妓『二蝶』の名を受け継いだ私共の屋号は、
お蝶とめ蝶のふたつの蝶がもつれながら上へ上へ舞い上がる様
『隆盛』を願い、名付けられました。


四百五十坪、大小十三の部屋からなる数寄屋風の造りの建物は、平成十八年春、一部が国(文化庁)の登録有形文化財に指定されております。

昭和二十一年の創業より皆々様のご縁深きを賜り心よりお礼申し上げます。

これからも、四国八十八ケ所霊場の地としてご接待の心を大切におもてなしさせて頂きます。

二蝶の建物をご紹介

四百五十坪、大小十三の部屋からなる数寄屋風の造りの建物は平成十八年春、
一部が国(文化庁)の登録有形文化財に指定されております。
大広間・中広間・小間、掘りごたつ・お膳・テーブルなどお客様の人数やご要望に応じてゆったりと過ごしていただけるお部屋をご用意します。
特にお蝶の間【大広間】は、最大90名様までご利用いただけますので、各種宴会から披露宴会場としてまで、幅広い用途でご利用いただけます。

お蝶の間【大広間】
各種宴会から披露宴会場としてまで、幅広い用途でご利用いただけます。
テーブル・90名様まで|お膳・80名様まで|掘りごたつ・40名様まで

め蝶の間
テーブル・38名様まで|お膳・38名様まで|掘りごたつ・18名様まで

松の間
テーブル・24名様まで

紅葉の間
掘りごたつ・6名様まで

葵の間
掘りごたつ・10名様まで

椿の間
掘りごたつ・6名様まで

二蝶で愉しむ日本の行事

料亭は季節とともにあり、日々移ろいゆきます。
旬の食材や活ける草花、鳥の囀りは自然からの贈り物。
床の間に掛けるお軸は季節や行事に合わせたもの。
また、料理を盛る器、障子や座ぶとんなどのしつらえ、着物など
あらゆる物から夏には涼を、冬には暖かさを感じ、和の心を五感で愉しんでいただけます。

日本には四季を通じて様々な伝統行事とそれにまつわる行事食があります。
行事食は旬の食材を取り入れることが多く、縁起を担いだものや、豊作や健康などの願いが込められたものなど、日本の食文化の源となっています。
ここでは、その代表的なものを花暦、二蝶の暦と合わせてご紹介します。

あんもち雑煮(1月)
赤いもの(小豆など)は邪気を払うと言われており、昔は飢饉が多かった夏にも食べていました。要予約

兜の飾り
端午の節句の頃、檜で作られた兜を飾り、男の子の成長を祝います。

中庭のつつじ(4月下旬~5月上旬)
大広間のから見える中庭のつつじの花が 満開になり、甘い香りが広がります。

鮎の塩焼 (6月頃より)
※鮎のコース【要予約】もございます。詳しくはお問い合わせください。

亥の子餅見立て(11月)
猪の多産なことにあやかり、子孫繁栄と無病を願って亥の子餅をつくり食べられていました。二蝶では海老芋とフォアグラで仕立てました。

おせち料理4段(11月頃予約開始)
毎年11月頃より予約開始しております。※内容は毎年変わります。 詳しくはお問い合わせください。