1. HOME
  2. ブログ
  3. 料亭二蝶のお食い初めは個室でゆったりと。スタッフも心よりサポートします

料亭二蝶のお食い初めは個室でゆったりと。スタッフも心よりサポートします

お食い初めを自宅でするか、外食でするのかとお悩みの方も少なくないのではないでしょうか。
お食い初めに限ったことではありませんが、小さな子供の成長を祝う儀式は、自宅でするのか、料亭などのお店でするのかによって、それぞれメリットとデメリットがあります。
どちらがご家族にとって都合が良いのかの参考にしていただくために、料亭二蝶で執り行われるお食い初めの儀式を簡単にご紹介させていただきます。

お食い初めは百日、歯固めとも言われるお祝いの儀式


歯固めなどの呼び方も、百日祝いと同じでお食い初めのことを意味します。歯固めというのは、お食い初めの中で執り行われる儀式のことです。
生まれたばかりの赤ちゃんは100日くらいで乳歯が生えてくるため、これからも食べることに困らずすくすくと育ってほしいという願いを込めてお食い初めの儀式を執り行うのです。
地域差はありますが、香川県内のご家庭ではお食い初めの儀式は赤ちゃんの歯が生えることを願うため、「歯固めの儀式」を執り行う場合がほとんどです。

歯固めの儀式用の石と一汁三菜、尾頭付きの鯛を用意する


お食い初めには一汁三菜と尾頭付きの鯛が用意されます。
もともとは本膳料理の献立のひとつですが、自宅で執り行う場合でもお食い初めの料理を作るとなると大変なので、お食い初めのセットを仕出しでお願いするご家庭も多いようです。
特に、きっちりとしたカタチで執り行う場合、子供が男の子か、女の子かによってお膳の色が変わってくることもあり、お食い初めのためだけに器を購入するのであれば、仕出しをお願いした方が手間も出費も少なくて済むというのも理由のひとつになっています。

お食い初め用赤ちゃん膳の仕出しも可能です≫

お食い初めの進め方をある程度把握しておこう


お食い初めでは、まずはご家族の中で一番年長の方が食べさせるまねをします。
その次に二番目に年長の方が同じように食べさせるまねをします。
これには、長寿にあやかるとともに、子供にも長生きをしてほしいという願いが込められています。
最近では年長者という順序にそこまでこだわらず、単純に父方祖父母、母方祖父母という順番で進めていくことも少なくありません。

料亭でお食い初めをするメリット


自宅でお食い初めをする場合、お食い初め用の仕出しの他にもご両家のおもてなし料理が必要となってきます。
床の間がある場所となるとどちらかの家のご実家となるケースも少なくないため、距離的な問題も出てくることが少なくありません。
そのため、ある程度ご両家に都合が良く、お食事のことも気にせず個室で気兼ねなく進めることができる場所でお食い初めをしようという方が最近は特に増えています。

二蝶のスタッフがお食い初めをしっかりとサポート


料亭二蝶でお食い初めをする場合は、個室をご用意し、部屋の中でお食い初めの儀式を行います。
献立のことや器のこと、食器の並べ方など、決められているセッティングのことはもちろん、スタッフが進行のこともサポートさせていただきますので「お食い初めの進め方がよく分からない」という方でも、安心して当日を迎えることができます。
できる限りゆっくりとお過ごしいただけるようサポートしていますので、気になることは何でもご相談ください。

ご自宅でお食い初めをするメリット

もちろん、ご実家でお食い初めをする場合のメリットもあります。
例えば、赤ちゃんを寝かせるスペースがすでに確保されているということ。
赤ちゃんがぐずりだしてしまったり、授乳の場所を気にされたりする方もにとっては、ご実家の方が安心できる要素が多いかもしれません。
料亭で執り行うメリットとご実家で執り行うメリットは、それぞれ相反するものになるので、どちらがご家族にとってメリットがより大きいかを考えながら検討してみてくださいね。

料亭二蝶のお食い初めプラン


お食い初めを料亭二蝶で行う場合、専用のプランをご用意させていただいております。儀式に用いられる一汁三菜と尾頭付きの鯛、両家のご家族様のお食事などがついていますので、ぜひご活用ください。

お食い初めプラン <土・日・祝>

大人6名様のお食事+赤ちゃん膳(尾頭鯛付)
※消費税、サービス料、部屋料含む

お食い初めプラン 望 49,000円
料理6,000円、1名増減7,000円

お食い初めプラン 宝 64,000円
料理8,000円、1名増減9,500円

※平日ご予約の場合はお気軽にお問合せください。

お食い初めのご予約はこちら

関連記事