1. HOME
  2. ブログ
  3. かがわ県産品コンクール優秀賞を取った「讃産さわらの味噌漬け」をお届けします

かがわ県産品コンクール優秀賞を取った「讃産さわらの味噌漬け」をお届けします


香川県が毎年公募している「かがわ県産品コンクール」食品の部で平成29年に優秀賞を受賞した「讃産さわらの味噌漬け」がお取り寄せ可能になりました。

鰆といえば、香川に暮らす人々にとって特別な魚。
讃岐一帯では田植えが行われる季節に豊作を祈願して鰆を振る舞う「春祝魚(はるいお)」という風習が今でも残っています。

魚へんに春と書いて鰆というだけに、鰆は春の魚。
ただ、それは産卵のために瀬戸内海にやってくる鰆の漁が盛んになる季節であり、最も美味しい季節、いわゆる味の旬とは少し異なります。地元の漁師さんによると、鰆は秋から冬には脂がのっておいしくなり、出産前、栄養をしっかりと蓄えた冬の鰆もまた別格なのだそう。讃産さわらの味噌漬けで使用するのは、そんな「味の旬」を迎えた鰆の中でも厳選された一匹になります。

新鮮な鰆が手に入る10月~6月末頃までの期間限定となりますが、ぜひご自宅で香川のおいしい鰆をご賞味ください。

ご注文はこちら

使用している材料はすべて香川県産のもの


味噌漬けに使用している味噌は讃産さわらの味噌漬けを作るために配合した完全なオリジナルです。
お米や大豆、塩など、原材料はすべて香川県産のものを使用。もちろん、着色料や保存料などはまったく使用していません。自然の力だけでじっくりと発酵させた優しい味わいと豊かな風味を持つ味噌が、鰆の旨味をしっかりと引き出してくれます。

お子様からご年配の方まで安心してお召し上がりいただくために、従来の味噌漬けに比べて塩分量を控えめに調節しておりますので、地元香川のものを大切な方にお送りしたいという方にもご安心いただけます。

お届けはパウチではなく味噌の中にガーゼに包んだ鰆を漬け込んだ状態で発送します。

お造りにも使える新鮮な鰆を使用


料亭二蝶がお届けする讃産さわらの味噌漬けは、市場で厳選した鰆のみを使用しています。
料亭二蝶の主人、山本は「顔の見える関係」を大切にし、漁獲量の変化や入荷状況など、新鮮な情報を手に入れることに対して手間を惜しみません。直接市場まで足を運び、漁師さんに話を聞きながら質の良い鰆を仕入れています。

仕入れた鰆をすぐにおろして味噌漬けに


新鮮で、お造りとしても出せるような鰆は、透明感があり、体全体が虹色に輝いています。讃産さわらの味噌漬けは、この仕入れたての鰆を仕入れてすぐに三枚におろし、味噌につけこんでいます。
稀少な鰆を新鮮なうちに味噌漬けに使うのは本当に贅沢なことなのですが、だからこそ調理した時の味の良さもまたワンランク上のものになるのです。

おいしく召し上がっていただくための調理法


お届けした料亭二蝶の讃産さわらの味噌漬け。せっかくなら料亭と同じ味でおいしく召し上がっていただきたい。
そんな想いを込めて、お届けする際には焼き方をご紹介した冊子も付けています。

どなたにも簡単においしく調理することができるようになっていますので、普段あまりお料理をされない方への贈り物としても安心してお選びいただけます。その焼き方をここでも少しご紹介させていただきます。

お召し上がり方

  • ①油をひいたフライパンに皮面をを下にして並べます
  • ②ふたをして中火で1~1分半程度加熱し、焼き色をつけます
  • ③裏返して弱火にし、ふたをして再度1~1分半加熱します
  • ④火をとめ、そのまま1分ほど蒸らせば完成です

※お届けした讃産さわらの味噌漬けは、食べごろになりましたら、味噌を洗い落として水気を拭き、冷蔵庫に保存して3日以内にお召し上がりください。

ご飯にもお酒にも相性抜群!


讃産さわらの味噌漬けはごはんのお供にはもちろん、お酒の肴としても相性抜群です。
ご自宅用にはもちろんですが、贈り物としても年齢や性別を問わず幅広い方においしく召し上がっていただけます。
料亭二蝶が自信を持って提供する讃産さわらの味噌漬けを、ぜひご家庭で味わってみてください。

讃産さわらの味噌漬け

販売期間:10月1日(鰆漁解禁)~6月末頃
賞味期間:シールに記載された食べ頃の日にちより3日間
販売価格:4,800円(税抜)
※別途クール便の送料(実費)をいただきます
※調度味噌に漬かる頃を記したシールに日付を入れてお送りさせていただいております。
 賞味期間はこの日付から3日間になります

ご注文はこちら

関連記事

  • 関連記事はございません。